税務ニュース
2016年08月の税務ニュース

分かりやすく税金についてご紹介。
税制改正など、税務関連のニュースをお届けします

2016年08月の税務ニュース

PDFはこちらから PDFの印刷はこちら

消費税 ~高額な設備投資をした場合等の注意点~

平成28年度の税制改正により「高額特定資産を取得した場合の納税義務の免除の特例」という制度が創設されました。中小事業者の事務負担軽減のための「事業者免税点制度」及び「簡易課税制度」を恣意的に利用して消費税の還付を受ける租税回避的な行為を防ぐために設けられた規定です。

1.概要

事業者が事業者免税点制度(基準期間の課税売上高が1,000万円以下の一定の事業者や基準期間のない一定の事業者は消費税の納税を免除される制度)及び簡易課税制度(実額計算の代わりに業種ごとに定められた一定の率を使って簡便な方法により消費税を計算して申告することができる制度)の適用を受けない課税期間中に高額特定資産の仕入れ等を行なった場合には、その資産の仕入れ等の日の属する課税期間の初日から3年を経過する日の属する課税期間までは、事業者免税点制度及び簡易課税制度を適用できないこととなります。
 また、高額特定資産を自ら建設した場合には、建設等が完了した日の属する課税期間の初日から3年を経過する日の属する課税期間まで同様の取扱いとなります。

高額特定資産を取得した場合の納税義務の免除の特例

2.高額特定資産とは

一の取引の単位につき、消費税が課税される資産で税抜金額が1,000万円以上の固定資産などをいいます。

3.適用時期

この改正は平成28年4月1日以後に高額特定資産の仕入れ等を行った場合に適用されます。

最新の税務ニュース

2022年05月の税務ニュース
所得拡大促進税制    
2022年04月の税務ニュース
交際費等の区分    
2022年03月の税務ニュース
退職所得について    
2022年02月の税務ニュース
確定申告Q&A    
2022年01月の税務ニュース
令和4年度税制改正大綱(1)    
中央会計税理士法人
株式会社大阪中央会計事務所

TEL   06-6245-6325

所在地
〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋1-15-7
心斎橋アサノビル3F
アクセス
地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」8番出口
地下鉄四ツ橋線「四ツ橋駅」3番出口
クリスタ長堀 南17南階段