税務ニュース
2019年10月の税務ニュース

分かりやすく税金についてご紹介。
税制改正など、税務関連のニュースをお届けします

2019年10月の税務ニュース

PDFはこちらから PDFの印刷はこちら

帳簿・書類の保存期間について

事業を行う上で発行する請求書、会計や経理に関する文書・・・事業をされている皆さんの周りには、たくさんの帳簿書類が溢れているかと思います。それぞれの書類には保存期間が決まっていて、文書を保存する義務が法律で定められています。ここでいう「帳簿」とは、総勘定元帳や現金出納帳や売掛帳などをいい、「書類」とは、貸借対照表や損益計算書や領収書などをいいます。

そして、会計・経理に関する書類のほとんどが「会社法」「法人税法」の法律で定められており、同じ書類でも10年、7年といったようにどちらの法律でも保存期間が定められています。今回は保存期間が長いものを基本として、どのような書類を保存していかなければならないのかまとめてみました。

【法人の保存期間】

【青色申告の個人事業の保存期間】

【白色申告の個人事業の保存期間】

また、以下のような給与にかかわる書類については7年保存となります。
・賃金台帳、給与明細
・給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
・給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書
・源泉徴収簿(作成した場合)
・源泉徴収票

最新の税務ニュース

2020年01月の税務ニュース
令和2年度 税制改正大綱(1)    
2019年12月の税務ニュース
給与所得控除等の見直し    
2019年11月の税務ニュース
住宅ローン減税の拡充等    
2019年10月の税務ニュース
帳簿・書類の保存期間について    
2019年09月の税務ニュース
民法改正の概要~ 相続関係の主な改正について その3~    
中央会計税理士法人
株式会社大阪中央会計事務所

TEL   06-6245-6325

中央会計税理士法人-大阪中央会計事務所ホームページからのお問い合わせ
所在地
〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋1-15-7
心斎橋アサノビル3F
アクセス
地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」8番出口
地下鉄四ツ橋線「四ツ橋駅」3番出口
クリスタ長堀 南17南階段